トレンドアフィリをやっている全員が、
トレンドキーワードを調べるのに参考にしているであろうサイト『Googleトレンド』
この仕様が変更しました。

しかも、残念なことに仕様が変わったせいで、とても使いづらくなっています。

以前は、このように何時ごろに検索が増えているのかが、視覚的に分かりやすかったのですが、


仕様が変わった今は、このような表示形式になっています。


画像を見てもらえば、分かりますが、
9月28日のGoogleトレンドは「台風」と「ビックロ」の2つしかないんです。

現在のGoogleトレンドは、瞬間的に検索数が多くなったキーワードをトレンドキーワードとして扱っていません。
その日のトータル検索数が多いものをトレンドキーワードとして、扱っています。

つまり、Google側が基準値を設けており、その値以上の検索がその日になければ、
Googleトレンドに載らないのです。




この大幅な仕様変更のせいで、
もうトレンドキーワードを調べるのに『Googleトレンド』はほとんど使えないということです。

現在のGoogleトレンドでもまったく使えないわけではないですが、
一日にトレンドキーワードが平均3つほどしか載っていません。

そんな少ないキーワードをトレンドアフィリエイターさんたちで奪い合っても、
大きな稼ぎには繋がらないでしょう。



Googleトレンドがダメになったのなら、Yahooを使えばいいじゃないか!
そう考える人も多いかと思います。

確かにYahooには、
『Yahooリアルタイム検索』と『Yahoo急上昇ワードランキング』があり、
これらは、トレンドキーワードを探すのに参考になるサイトではあります。


しかし


『Yahooリアルタイム検索』はツイッターの情報からランキングを付けています。
ツイッターでたくさんつぶやかれているキーワードがランキングに載っているのです。


これはこれで参考にはなると思いますが、
ツイッターで話題になっているだけで、検索エンジンでの検索数が多いということではないのです。


また、『Yahoo急上昇ワードランキング』は瞬間的に検索数が急増したキーワードを載せているのではなく、
【前日】に比べて検索数が急増したキーワードをランキングに載せいているのです。

これも参考にはなると思いますが、
前日と比較しているだけなので、旬が過ぎていることが多いのです。

そう考えると、今までのGoogleトレンドは、
トレンドアフィリをやる上で欠かせないサイトだったことがよく分かります。




トレンドアフィリエイターにとって、必要不可欠だったサイト『Googleトレンド』
実はこれには一つ大きな欠点があったのです。

それは、Googleトレンドのグラフの反映時間があまりにも遅いということです。

ほぼ全員が、Googleトレンドを見るときは、グラフを参考にしていたと思います。
あのグラフ、実際のところ4時間から12時間ほどグラフの更新が遅れています。

なので、本当の意味ではリアルタイムなトレンドキーワードではなかったのです。

それに憤慨し、自分でリアルタイム版のGoogleトレンドを作って、使っています。





これは従来のGoogleトレンドの上位10位を、リアルタイムに同時にグラフで表しています。


そのため、今まで行っていたような
一つ一つGoogleトレンドのグラフを確認するということはやらずに済み、
しかも、グラフ同士を比較できるので、とても便利になっていると思います。


もともと自分用に作ったものですので見た目はあまり良くないですが、
実用性は高いと思います。

今回、このリアルタイム版Googleトレンドプレゼントいたします。
是非、これを使って今まで通りのトレンドアフィリ活動を続けてください。



プレゼントをご希望の方は以下の入力フォームに
「お名前」と「メールアドレス」を入力してください。



なお、自動的にきったんのメルマガにも登録されますが、
いつでも解除できますので、ご了承ください。

お名前(ニックネーム可)
メールアドレス


※登録が完了すると、10分以内にメールが届きます。

届かない場合は、迷惑メールフォルダーに入っているか

もしくは、登録ミスが考えられますので、ご確認よろしくお願いします。


最後まで読んでいただきありがとうございました。

何か質問がありましたら、コチラから問い合わせください。

東大合格を放棄した北大生のネットビジネスブログ :特定商取引法に基づく表記


Copyright © きったん&柏崎 All rights reserved