WPtouchを設置して、アドセンス報酬をアップさせよう

ワードプレスのプラグインはもはや把握できないほど大量に存在します。
そんな大量にあるプラグインの中でも、
これから紹介する「WPtouch」は導入必須のプラグインです。

「WPtouch」はPC用からスマートフォン用にサイトの表示を
最適化してくれるプラグインなんです。

年々、スマホの市場は拡大しています。
つまり、スマホからサイトに訪れるユーザというのは確実に増えます。

そうなれば、
スマートフォン用にサイトの表示を最適化してくれる「WPtouch」は
絶対に外せないプラグインの1つになってきます。

そして、WPtouchは、なんと
詳細設定の項目からアドセンスコードを書きこむことができ、
アドセンスまでもがスマホ用に最適化することができるのです。

そうすることで、
PCからもスマホからもアドセンス収益を見込めるようになります。

では、どうやってWPtouchでアドセンスを表示させることができるのか?

WPtouchのインストール

まず、ワードプレスに「WPtouch」のプラグインをインストールします。

インストールの仕方は
ワードプレスの管理画面(ダッシュボード)⇒プラグイン⇒新規追加
ここで、検索キーワードに「WPtouch」と入れ、プラグインの検索をします。


検索結果が表示されるので、「いますぐインストール」をクリックし、
有効化します。


一応、これでスマホから見たときの表示は変わっています。

WPtouchの詳細設定

では次に、WPtouchの詳細設定を行い、アドセンスを表示させましょう。

まず、ダッシュボードから「設定」をクリックし、
「WPtouch」をクリックします。



General SettingsのWPtouch Languageというところで、
「Japanese」を選択し、ページの一番下にある「save」を
クリックして保存します。


これで、今まで英語で書いてあったのが日本語に変わったので、
どこでどのような設定をしているのかが理解しやすくなります。

アドセンスの設定

それでは、アドセンスの設定説明に移ります。

表示されたページの下のほうに「Advertising,starts&Custom Code」という
項目があるので、そこのID入力欄に自分のアドセンスIDを入れます。


アドセンスIDとは、pubーから始まる番号のことです。

この番号を調べるには、グーグルアドセンスにログインします。
すると、ページの一番上にその番号が書かれています。



とりあえずは、これで簡単な設定は完了です。

記事タイトルと記事の間に、
このようなアドセンスが自動で表示されるようになっています。

グーグルアドセンスのチャネル設定

続いて、チャネル登録の方法も説明します。

チャネルを登録することで、
クリック率や表示統計を確認することができるので、
そういうのをチェックしたい方は設定しておきましょう

まず、グーグルアドセンスにログインします。
コンテンツ向け AdSenseの「カスタムチャネル」をクリックし、
「新しいカスタムチャネル」をクリックします。



自分でわかりやすい「名前」入れ、保存します。


すると、チャネルIDが発行されます。



このIDを先ほどの「Advertising,starts&Custom Code」にある
「Google AdSense チャネル」に記入します。

これで、チャネル登録の設定は完了です。

ページの下にアドセンスを表示させる方法

この状態では、記事の最初にアドセンスが表示されるだけです。
やはり記事の最後にもアドセンスを表示できるようにしたいです。

経験上、記事の最後のほうがアドセンスのクリック率は高いですからね。

では、そのやり方を説明します。
コンテンツ向けAdSenseで広告ユニットを選択し、
「新しい広告ユニット」をクリックします。



適当な名前を入れ、
広告サイズは「250×250-スクエア」
広告タイプは好みのものでいいですが、
ここでは「イメージ/リッチメディア広告のみ」を選択します。



選択したら、「保存してコードを取得」でコードを表示し、
これをコピーします。



WPtouchの設定ページにある、「Stats & カスタムコード」に
コピーしたコードを貼りつければ、記事の下にアドセンスが
表示されるようになります。



ですが、これだとコメント欄よりも下に表示されてしまうため、
なかなかクリックに繋がりません。

理想は、記事の直下にアドセンスが表示されるようになることです。
そこで、その方法を説明します。

記事直下にアドセンスを表示させる方法

WPtouchのソースコードに直接アドセンスコードを挿入するので、
しっかり読んで、間違わずに行ってください。

FFFTPに接続し、WPtouchの「single.php」というのを探します。

これの場所ですが、
まず、FFFTPに接続し、自分のサイトドメインをクリックします。


次に「public_html」というのがあるので、それをクリックし、



さらに、「wp-content」というのをクリックします。



このよう感じで、
「自分のドメイン ⇒ public_html ⇒ wp-content ⇒ plugins ⇒
wptouch ⇒ themes ⇒ default」とクリックしていきます。

この順番を間違えないでください。

最後の「default」をクリックすると、
その中に「sinngle.php」というのがあります。



これを編集するので、ドラック&ドロップで、
とりあえずデスクトップ上にファイルを出します。



このファイルをワードパッドなどのテキストエディタで開きます。
ごちゃごちゃとコードが書かれているので、その中から下図の場所を探します。

探せたら、そこに先ほどコピーしたアドセンスコードを貼りつけます。
(分かりずらい場合は、画像をクリックして拡大させてください。)



コピーが終わったらちゃんと保存をしましょう。
そして、ドラック&ドロップで、FFFTPの中にこのファイルを戻します。

このような画面がでるので、「上書き」にチェックを入れ、「OK」を押します。

これで、完了です。
しばらくすると、記事直下にアドセンスが表示されるようになります。

以上、WPtouchでのアドセンス表示の説明です。

是非、WPtouchを導入してアドセンスのクリック率を増やして、
報酬アップに繋げてくださいね。

また、詳細設定のページでは、いろいろと設定変更ができますので、
オリジナル仕様を作ってみると面白いと思います。

3件のトラックバック

コメントを残す