買ってもらうことよりもクリックされることが大事!

楽天やアマゾンのアフィリリンクを流すとき、どういう感じで流していますか?

意外とよく見かけるのが

「商品の軽い紹介 ⇒ リンク」

というパターンです。

具体的に書くと
「ワンピース・ナミの超セクシーフィギュア ⇒ リンク」
みたいな感じです。

僕に言わせたらこの流し方はあまり良くないですね。

このリンクをクリックする人って、
ワンピースフィギュアに興味ある人だけですよね。

まあ、僕は超セクシーフィギュアって言われたら
ちょっと見てみたくなる気もしますが・・・笑



そもそも、多くの人はツイッターなどで、アフィリリンクを流すときって
何としても買ってもらおうと考えます。

その考え方がよくない!

もちろん、買ってもらえるにこしたことはないですが、
大抵の人はそんなにすぐに商品を購入したりしません。

ちょっと興味があるから、クリックしてみる・・・その程度です。

ここで大事なのはすぐに買わせることではなく、

クリックさせること!

なぜクリックさせることが大事なのか?

アマゾンや楽天のアフィリエイトリンクには
クッキーというものがあるのですが、これを上手く利用すればいいんです。

そもそもクッキーってなに?

アフィリリンクをクリックしたときに、
「何月何日にアフィリリンクをクリックした」という記録が残ります。
この記録をクッキーと呼びます。


そして、アフィリエイトには
「クリックしてから何日以内に商品を購入したら報酬対象になる」
というのが決められています。

例えば

楽天アフィリエイトだと1ヶ月
アマゾンアフィリエイトだと24時間です。

ここで考えて欲しいのが、

アフィリリンクを張るときに楽天とアマゾンならどちらのリンクを張るか?

ということです。

楽天アフィリのリンクなら、クリックさせてから、
1ヶ月以内にその人が楽天で何か商品を買えば報酬が入る。

アマゾンアフィリリンクなら、クリックさせてから、
24時間以内にアマゾンで何か買わなければ報酬が入らない。

一目瞭然ですよね。

当然、楽天のアフィリリンクです。
こっちを張ったほうが報酬の貰えるチャンスが増えます!

このようにクッキーの有効期限がある程度長ければ、
その人がすぐに商品を買わなくても報酬を得られるまでの猶予が生まれます。

なので、クリックさせることが大事になってくるんですね^^

コメントを残す